• アレクサンダー・テクニークとは
  • 日本アレクサンダー・テクニーク協会とは
  • ワークショップ
  • トレーニングコース
  • ライブラリ
  • 教師紹介
  • 教室紹介
  • お問い合せ

 


新しい「からだ観」を求めて 日本アレクサンダー・テクニーク研究会 谷村英司


 1985年に私、谷村英司を中心として国際ヨガ協会の有志が集まり、ヨガの枠にとらわれない古今東西の心身相関に関するワークを研究し、語り合う場を作ろうと当研究会の前身である「日本ボディワーク研究会」が発足されました。

その後、様々なワークを学び、試み、探求してきた結果、私たちが最終的に選んだワークがこのアレクサンダー・テクニークでした。私たち人間は身体だけの存在でも意識だけの存在でもありません。それらが有機的につながり合って活動していることは明らかです。そして私たちが活き活きと人生を歩むためにはこの心身相関の健やかな活動が不可欠です。このことを私たちに明確に、深く、シンプルに、かつ具体的に示してくれたのがこのアレクサンダー・テクニークだったのです。こういった経緯で私たちの研究対象をアレクサンダー・テクニークひとつに絞り込むことに決め、1999年に「日本アレクサンダー・テクニーク研究会」と改名し、発足しました。そしてこの活動が少しずつ広がってゆき、まずは奈良、東京、大分に定期的な勉強会が開かれることになり、このテクニークを研鑽してきました。

さらに2004年イギリスのオックスフォードで世界中のアレクサンダー・テクニークの教師が集うコングレスが開催され、そこで幸運にもアレクサンダー界の重鎮であるリカ・コーエンさんにめぐり合い、私たちの活動を認めていただき、彼女を当研究会の特別顧問として迎えることができました。これを機に年に2度彼女を迎え、集中的なワークショップを続けることによってわれわれのテクニークにも更なる磨きがかかりました。
そして2006年3月には日本人による日本人のためのアレクサンダー・テクニークを発展させる必要があるという彼女の考えと勧めでアレクサンダー・テクニークの教師を育成するためのトレーニングコースのスクールを最初の研究会が始まった奈良、東京、大分でスタートさせました。これは3年間で1600時間を修了しなければならないという厳しいものですが、教師になるための世界の標準時間なのです。この期間の終わりには、必要条件を満たした生徒は、アレクサンダー・テクニークを教える教師として資格証明書を受理します。それは世界中のあらゆる専門家組織によって認められているものです。
このトレーニングコースの第一期が2009年の3月に終了するとともに第二期のトレーニングコースが始まりました。その時には大分のスクールが福岡に場所を移して行われることになりました。
そして2012年3月にはこの第二期トレーニングコースが終了し、第三期のトレーニングコースが奈良と東京で始まりました。そして2016年に10名が卒業することになりました。これで合計34名の教師が当研究会において育ったことになります。そして2017年には鹿児島でも第四期のトレーニングコ-スが始まる予定です。私自身驚いているのですが、これだけの生徒を卒業させているのは日本においては当研究会だけで他にはないと思います。というのも、即席に資格が得られる現代社会において、長く厳しい道のりにチャレンジしようとする人はそれほど多くはないからです。もちろん数だけ多いということではなく、内容においても4年に一度のコングレスに参加したり、ATのハイレベルな教師が集まるイスラエルへ研修旅行ツアーをしたり、常に世界のハイレベルの技術を研鑽してきました。
 
STAT/ISTAT設立会員 、ATIスポンサー
日本アレクサンダー・テクニーク研究会特別顧問
リカ・コーエンRivka Cohen
 
この8年間、私はエイジさんのATスクールを年に2度訪問する機会を得て、このスクールの教師には上級クラスのワークを、生徒にはさらにスキルが上がるためのワークショップを行ってきました。エイジさんのスクールでATを教えることは私にとって大きな喜びです。なぜならこのテクニークを学びにやってくる受講者の一人一人がこのワークに関心を持ち、真剣に取り組んでくださっていることをひしひしと感じるからです。
この彼らのワークとトレーニングのクオリティがあれば、ますますATに対する知識と理解を深めていかれることは明らかです。そして日本でのATの発展にこの研究会が重要な役割を担っていると感じています。ですから私自身もできる限り手助けをしたいし、そうできることを嬉しく思っています。今後のさらなるご発展を祈っています。
 
NPO法人 国際ヨガ協会 
会長 松嶌 徹
 
私が公私にわたって30年もの間ご指導をいただいている谷村英司先生は、一貫してご自身の内面にその探究心を向け続けてこられました。ヨガの“意味”を探ることから始まったその旅路は、野口三千三やM.フェルデンクライスなど東西の先人たちの叡智を吸収しながら、アレクサンダー・テクニークというアプローチとの出会いによって、ひとつの極地にたどり着かれ、その歩みはなおも止まる気配がありません。なにより素晴らしいのは、その長く険しい道のりをこのように多くの仲間と忍耐強くともに歩んでおられることです。じつに敬服のほかありません。
その谷村先生が主宰される研究会からすぐれた教師を世に送り出してくださることは、私たちヨガを実践し、指導する者にとっての大きな幸運です。教師のハンズオンを通して伝わる方向性が、自分の内面へと向かう旅~道を往くすべての旅~においてなくてはならない指標となるからです。世界水準のワークを重ねておられる教師各位には、寛容なお導きをお願いする次第です。
 
*国際ヨガ協会は1961年から人間の美しさを探究してきた健康法普及団体。自身も個人レッスンを受け、AT国際コングレスにも参加して、その重要性と可能性を実感している。
神通山千光院(真言宗;徳島県)代表役員。


トピックス

>>すべての記事

▲このページの先頭へ